つつじヶ丘学園の公式ホームページ
本文へ移動

虐待防止について

虐待防止受付担当者(令和3年度)

虐待防止責任者(施設長)
恒松 祐輔
虐待防止受付窓口
恒松 秀行
山本 鳥美 
虐待防止マネージャー
本郷 弘樹

取り組み(令和3年度)

目的
障がい者の尊厳を守り、自立や社会参加の妨げとならないよう虐待を防止すると共に、その予防と早期発見及び支援者への援助をおこなう
年度目標
目標
①身体拘束を見直し、1%でも削減を目指す
②立ち振る舞い、態度(姿勢)に常に意識を持つ
③利用者が意思を表出する支援を行い、意思の確認や選好を推定・最善の利益を検討し支援する「常に利用者に寄り添って【想い】を捉え、主体性を引き出す」

令和3年度標語
『お金の出し入れ記帳時は 一息ついて 落ち着いて』 
『ごめんなさい 仲良くなれる 合言葉』
『報連相 確実な支援と 事故防止』
メンバー構成
法人理事・施設長1名
統括支援課長1名
サービス管理責任者2名
生活支援員5名
調理員1名
利用者1名
実施
利用者アンケート調査(年2回)
早期発見チェック(年2回)
職員セルフチェック(年2回)
支援についてのアンケート調査(年2回)
虐待防止・権利擁護研修(年1回以上)
第三者委員会へ報告(年1回以上)
各事業所において標語の復唱(毎朝)
標語の募集、選定(年1回)
身体拘束の適正化の検討、取組み状況の確認
新人研修
0
1
9
6
2
5
 
 
TOPへ戻る
つつじヶ丘学園の公式ホームページ